天上の団地。

「天までとどけ、僕らの団地」

諏訪団地。

永山団地と道を挟んで並んでいる。

 

丘に広がる永山団地の向かい側に、高台の上に並ぶ諏訪団地は、さながら「天上の団地」である。

URと都営で区分けされながら立ち並ぶ、多摩ニュータウンで最も最初に造成された団地である。

諏訪団地について

多摩市諏訪

総戸数:518戸

管理開始年度:昭和47年

住戸型式:1LDK~4DK/52㎡~89㎡

交通アクセス

最寄駅:小田急永山駅・京王永山駅より徒歩15分

高度経済成長期に伴う宅地開発の郊外化の流れの中、1960年代に計画された多摩ニュータウン。

その中で黎明期に入居が始まった「諏訪団地」。

永山団地と共に、多摩ニュータウンで最も早くに入居が始まった団地の一つである。

UR

SUWA

作品撮

1/5

UR団地

1/1

都営団地

UR

SUWA

団地巡り

「天空の団地。」

新宿駅から小田急・京王の電車に乗り40分。緑が増え、風景が丸くなっていく。

東京都多摩市。永山駅を降り南側へ進み、左手に折れる。

「諏訪団地」

​多摩ニュータウン黎明期より存在する、「由緒正しき団地」だ。

URと都営が並び、中央には商店街が並ぶ。

それぞれの棟が個性的で、歩いていて見飽きない団地である。

南にある都営側は少し荒廃し、神奈川県いちょう団地のよう

多摩ニュータウンの縮図のような団地である。

永山団地と違い、高台に並ぶ諏訪団地。UR側から。

高層棟にスキップフロア棟、ミックスジュースみたくカラフルに塗られた棟など、様々。

団地南側、都営団地側。

棟に統一感があり、ヒサシやサッシ形状など都営仕様となっている。

​南側はUR側と比べどちらかというと閉鎖的で、団地の「そこはかとない怖さ」が垣間見れる空間となっている。

団地近影

1/2

UR団地

1/2

商店街

1/1

都営団地

他の団地は下記より、ぜひ。

【ロゴ】永山団地.gif

団地の海で。