団地の海を泳ぐ。

"広大な団地の海"

多摩ニュータウン黎明期より諏訪団地とともに入居が開始された永山地区。

学生時代に社会の教科書で見た、ニュータウンの理想的な暮らしがそこにある。

「永山団地」

 

永山団地名店街棟の上に登り、広大な空間に広がる「団地の海」をみれば、いかに多摩ニュータウンの規模が広く理想的な場所であるか、肌で感じることができるだろう。

永山団地について

永山団地図

多摩市永山

【総戸数】

→3,209 戸

【管理開始年度】

→昭和47年

【住戸型式】

→1DK~4DK/30㎡~70㎡

【交通アクセス】

→小田急永山駅・京王永山駅より徒歩15分

高度経済成長期に伴う宅地開発の郊外化の流れの中、1960年代に計画された多摩ニュータウン。

その中で黎明期に入居が始まったとされるのがこの「永山団地」。

京王・小田急の大都心新宿駅から40分ほど電車に揺られると、風景が丸くなっていく。

「多摩市永山」

山の中に団地が海のように敷き詰められている様は、いかにも多摩ニュータウンという雰囲気で素晴らしい気分になる。

団地横を貫く都道18号線を挟んで向こう側は諏訪団地(UR・都営)となっており、「目の前に団地、丘の向こうにも団地」といった雰囲気だ。

多摩永山中学校横の遊歩道を抜けると、右手に大きな階段が見えてくる。

そこを登ると、3-3-住棟が広がる高台エリアに。

さらに抜けると、中央に永山名店街が広がり永山南公園と隣接するエリアへと至る。

そこからは、団地の海。

​団地の海にはメゾネット棟、高層棟と様々な住棟が緑の中で軒を連ね、団地の海を華やかに演出している。

UR

NAGAYAMA

作品撮

1/3

1/3

1/3

UR

NAGAYAMA

団地巡り

「団地の海で感じた、多摩ニュータウンへの憧憬。」

中野駅前アパート、同潤会青山アパート.......

高度経済成長期、慢性的な住宅不足事情の中で、集合住宅というスタイルは注目を集めました。最新住宅機器を備えた団地は、憧れの的であった。

多摩ニュータウン永山団地。高層棟から見下ろすとそこは、さながら団地の海。

​幼いときに社会科の教科書を見て感じた多摩ニュータウンへの憧憬は、今まさにここで、叶えられたというわけである。

永山団地中央部。高層棟となっており、1階部は「永山団地名店街」として商店街となっている。

その両側には広大な敷地に中層棟が広がっており、均一の間隔で広がる棟々は壮観の一言。「団地とはこういうものだ」という見本のような構造である。

朝早くにはおじいちゃんおばあちゃんがラジオ体操を楽しみ、昼間は主婦が井戸端会議に勤しむ傍ら小さい子供が公園で遊ぶ。夕方は何処からともなくカレーや煮物の香りが広がる・・・・

そんなほっこりとした生活が、令和になって今でも、繰り広げられている​。

団地近影

※現在編集中。

 

他の団地は下記より、ぜひ。

【ロゴ】永山団地.gif

団地の海で。