nanamihark_a_200320_026_edited.jpg

ひだまりの団地。

ひだまりの団地。

武蔵野平野には、大小様々な団地が並ぶ。

中には、公団が作ったもの、公社が作ったもの、都が作ったもの。様々ある。

​今回はその中でも23区に程近い、都営狛江団地を紹介する。

​都営狛江団地

東京都狛江市

交通アクセス

最寄駅:小田急小田原線狛江駅よりバス10分

​世田谷にほど近い狛江市の狛江駅を降り、バスで10分。

広がるのは、「これぞ団地」と言わんばかりの直線デザイン棟の数々。

都営狛江団地。

中央部の公園を囲むような配置は、太陽を囲む太陽系惑星のよう。

​まさに、「ひだまりの団地」である。

nanamihark_a_200320_201-2.jpg

Toei

KOMAE

作品撮

1/5
IMG_1785-2.JPG

TOEI

KOMAE

団地巡り

「昭和を、残して。」

いろんな団地を巡ると、必ず感じるものがある。それは、「昭和」である。

ただ、どの団地も建築物の昭和感を感じながらも、ありとあらゆるものに「平成」の新たな匂いを纏って、現代風にアップデートされているのである。そんな中でも、都営団地は「昭和の香り」を余すところなく残している。

都営狛江団地。

世田谷区に隣接しながらも、このような団地が現存しているのは感嘆に値する。

​団地に幸あれ。「ALL WAYS」を感じながら、今日も、狛江の団地に陽だまりができる。

都営団地の趣漂う鉄格子。給水塔。直線的な建造鬱は等間隔で並び、中央部の公園という「ひだまり」を囲んでいる。

1/4

団地近影

他の団地は下記より、ぜひ。