「宇宙コロニー」の真ん中で。

川崎駅から北側に約1キロの位置にある「川崎市幸区河原町」。

この地域の中心に全15棟、戸数約3600を数える超巨大マンモス団地があります。

この河原町団地は1972年に入居開始し、今年で42年目になります。

複雑で凝った作りは、あの京都国際会館を設計したことでも有名な大谷幸夫さんの手によるものです。僕は今回見ていませんが、各部屋も凝った複雑な作りをしているよう。

後述のリンクにもあるように、さながら「宇宙コロニー」のようなつくりは観る者を圧倒します。

また、このような規模の団地が川崎駅近くにあるということも特筆に値すると思います。

団地巡り初心者から上級者まで、すべての団地好きが楽しめる場所と言えるかと思います。

​河原町団地に関する詳しい考察は下記リンクから。

河原町団地について

神奈川県川崎市幸区河原町

総戸数:賃貸住宅3,600 戸、分譲住宅440 戸

管理開始年度:昭和50年

住戸型式:1DK~3DK (30㎡~56㎡)

交通アクセス

最寄駅:JR・京急 川崎駅

東京製鋼川崎工場跡地に建設された「河原町団地」。

設計は丹下健三氏の弟子で同氏の片腕と称された大谷幸夫氏。

高度経済成長期に建設されたこの団地は、潤沢な経済も相まりとても変わった、面白い作りの棟が多い。

​最盛期には2万人近い人がここで生活していた模様。